第4期竜神杯閉幕のお知らせ

一般社団法人日本四人将棋連盟 竜神杯
第4期竜神杯の最終結果発表です。
優勝杯を掴んだのは誰だ・・・!?


最終結果


1位 ふせやん準会員 9pt
2位 中田準会員 7pt
3位 あんちっく竜神 6pt
4位 ユコタ準会員 4pt
5位 左近司準会員 -1pt

激戦の末にふせやん準会員が優勝しました!おめでとうございます。優勝者のふせやん準会員には竜神の称号と第5期最強位戦の出場権が与えられます。

寸評


ふせやん準会員


ブランクを感じさせない指し回しで全体的にのびのびと指せていた。強豪の集う最強位戦にどう立ち向かうか楽しみである。詰めが甘いところがあったので、終盤力を強化すると良いだろう。

中田準会員


新鋭ながら本将棋で身に付けた読みの力を存分に発揮した。一方で、攻めに専念しすぎて守りが疎かになり寝首を掻かれる展開が目立った。四人将棋特有の大局観を習得し、攻めの守りのバランスを心得れば更なる棋力向上を期待できるだろう。

あんちっく竜神


安定した指し回しで高得点を重ねているが、尖ったところがなく正念場で勝負弱さが現れる。アカギ準会員や岸亜アマのように盾を極めるか、時には大勝負に出るような威勢の良さを手にすれば他を圧倒することも可能であろう。

ユコタ準会員


気持ち良く指せているが、まだプロレベルには及ばない。また前回に引き続きエラーが頻繁に起きている。環境的な問題がなければ上位争いに食い込んでいただけに惜しい。

左近司準会員


初歩的なミスによる駒損が多く、他の養分となってしまっている。四人将棋そのものに対する慣れは十分なので、純粋な読みの力を鍛錬し、正確に先を読みながら指せば、より良い結果を見込める。



各局のハイライト


第1局


第4期竜神杯第1局
ユコタ準会員のエラー落ちにより中田準会員が息を吹き返す。しかし、ふせやん準会員とあんちっく竜神に挟み撃ちされて少し危うい。ここは↑1七銀打ちなどと悠長な手は指さず、一時防戦に回るか、迅速にあんちっく竜神を寄せにいくべきだっただろう。本譜はこの後、防御を疎かにした中田準会員がふせやん準会員に撃ち落とされる。

第2局


第4期竜神杯第2局
ふせやん準会員が中田準会員を追い詰めていたが、上手く中田準会員が上部に逃げ、ふせやん準会員にカウンターを浴びせる。ここでふせやん準会員は←8二金と打ったが、その後に中田準会員の攻撃を受け間違えて逆転負けした。ここは←7四玉で金銀の包囲網から脱出すればふせやん準会員の玉は安全だっただろう。最後まで油断してはならない。

第3局


第4期竜神杯第3局
あんちっく竜神の玉が風前の灯火であったが、苦し紛れの反抗に打った←9八飛に、ふせやん準会員が便乗して→3八銀と打ち一気にユコタ準会員の玉が危うくなる。ここからあんちっく竜神とユコタ準会員の熾烈を極めたデスマッチが始まる。見応え十分!

第4局


第4期竜神杯第4局
ユコタ準会員が1六の飛車を1五に引いた場面。何気ない手だが、これはハイリスクな一手だった。何故ならここで中田準会員に→2五金と弾かれ、さらに左近司準会員に←8二飛と王手をかけられると、結果的に中田準会員に飛車をタダで渡してしまうことになる。本譜も似たような展開になり、ユコタ準会員は貴重な飛車を失った。四人将棋では常に第三者の介入を意識して指さねばならない。

最終局


第4期竜神杯最終局
一見、ふせやん準会員の玉は安全そうに見えるが、この↓9三飛が強烈に刺さる。↑6二玉に↓9四飛成で一気にふせやん準会員の玉が瀕死状態になった。隙のない陣形すら一瞬で崩れてしまう四人将棋の恐ろしさを垣間見た。尚、本譜はこの後ユコタ準会員がポカをやらかしたため、ふせやん準会員は難を逃れた。


posted by 一般社団法人日本四人将棋連盟 at 20:14Comment(0)竜神杯

第4期竜神杯開催のお知らせ

一般社団法人日本四人将棋連盟 竜神杯
2月上旬より第4期竜神杯を開催する
6人の棋士による激闘が始まる


競技ルール


四局戦・連荘あり。
→訂正:一局戦を四局行う。(連荘なし・過激手は指してOK)
各局1位に+3pt、2位+2pt、3位+1pt、4位-1ptを与え、四局通しての合計ptで競う。
予選2位以上は決勝進出。(予選のpt持ち越しなし)
優勝者には竜神の称号及び最強位戦出場権が与えられる。
*競技ルールに誤りがありました。本来は総当たり戦が前提なのですが、便宜上、今期はこの形式で行います。

参加者紹介


予選A卓


アカギ準会員
長年、最強の準会員として数々の修羅場をくぐり抜けてきた。今大会が準会員としての最後の大会になる。有終の美を飾りたい。

ふせやん準会員
数ヶ月ほど休止していたが満を持して復帰。ブランクで腕が鈍っているかもしれないが、力の限り指しきって欲しい。

中田準会員
新たに連盟に加わった期待の新鋭。果たしてその実力やいかに・・・?

予選B卓


ユコタ準会員(4級)
アカギ準会員のプロ昇格後は、彼がアマチュア界の覇権を握るだろう。着実に実力を上げてきている。

左近司準会員
大人の事情により準会員に降格した。元プロの貫禄に期待。

あんちっく竜神
今大会唯一の非連盟員であり、主役となる竜神称号保持者。プロ混合対局では良い結果を残せずにいるが、アマチュア大会で名誉挽回したい。


第3期竜神杯閉幕

一般社団法人日本四人将棋連盟 竜神杯
第3期竜神杯が閉幕しました。
各局の見どころを振り返ってみましょう!



最終結果


第3期竜神杯はあんちっくアマが優勝しました!
1位あんちっくアマ(8pt)
2位アカギ準会員(6pt)
3位ユコタ準会員(5pt)
4位Kentoアマ(0pt)

出場者寸評


優勝者あんちっくアマ(8pt)
これまでラスは引かずともトップも獲れていなかったが最終局で遂にトップを獲り優勝した。おめでとうございます!好奇心旺盛でエンターテイメント性を感じさせる指し回しでした。今回優勝したあんちっくアマは竜神の称号、そして第4期最強位戦の出場権を獲得しました。

2位アカギ準会員(6pt)
待ちと攻めを使い分ける独特の棋風で最後まで優勝争いに絡んだ。第3局で過激手を指されラスを引いてしまったのが辛いところ。

3位ユコタ準会員(5pt)
第1局終了時点でー2ptという絶望的な状況だったが第2局、第3局で続けてトップを獲り一躍して優勝候補に。強靭な精神力の持ち主だ。敗勢から何度も巻き返す様はまるで不死鳥のようだった。

4位Kentoアマ(0pt)
原因不明のエラーにより時間切れが多発し、残念な結果になってしまった。しかし内容自体は確かな棋力の高さを感じさせるものだった。エラーが起きなければ優勝争いに絡んでいたに違いない。



各局ハイライト


第1局


四人将棋 竜神杯
アカギ準会員がユコタ準会員とKentoアマに挟撃されるが鉄壁のガードで守り抜く。アカギ準会員を攻めあぐねているうちにあんちっくアマがじわじわとユコタ準会員の玉に近づき、いつの間にかユコタ準会員がアカギ準会員とあんちっくアマに挟撃される恰好に。左右から圧迫されユコタ準会員が倒れる。
四人将棋 竜神杯
逆境を切り抜けたアカギ準会員だったが、またもあんちっくアマとKentoアマに挟まれる。自陣の底にあんちっくアマとKentoアマがと金を作ってきたが玉頭に位を取り、ぐんぐんと上へ領土を広げる。
四人将棋 竜神杯
上空へと膨れ上がったアカギ陣の気球があんちっくアマへ乗しかかる。もはやアカギ準会員が優勢か。その時だった。ユコタ準会員が退室してしまいそれが原因でフリーズが起きる。やむを得ず現局面の形勢判断で順位を決めることになり、アカギ準会員が1位に選ばれる。彼の防御力の高さを見せつけた内容だった。

第2局


四人将棋 事態は急変
チマチマとした接近戦が絶えず行われ、戦いの中で番いの組み合わせが移り変わる四人将棋らしい中盤だった。130手を過ぎても尚、4人とも健在でじっくりとした戦いが続いていたがKentoアマが痛恨のタップミスで要の金をタダで渡してしまう。更にエラーによりKentoアマが時間切れ。それが引き金となって事態は急変、激しい終盤戦へ突入。
四人将棋 割りうちの銀
2枚の飛車を手にしたユコタ準会員が割り打ちの銀2連発→送りの金→一間竜と流れるように華麗な寄せであんちっくアマを詰ませる。
四人将棋 詰み 包囲網
さらに金銀の包囲網で丁寧にアカギ準会員を追い詰め見事1位を獲る。もしKentoアマがタップミスしていなければユコタ準会員がラスだったかもしれない。ユコタ準会員の勝負強さが光った。



第3局


四人将棋 マジック
Kentoアマが順調にユコタ準会員の陣地を荒らし、このままKentoアマがトップ、ユコタ準会員がラスを引くと思われた。しかしユコタ準会員が放ったマジックにより全ての針が狂いだす。あんちっくアマがKentoアマの飛車をタダで拾い、ユコタ準会員はアカギ準会員の飛車を拾う。獲物を追い詰めていた狩人が逆に獲物に狩られていく。四人将棋に潜む怪物が暴走し始めたのだ。Kentoアマの過激手によりアカギ準会員が突然死する。さらにKentoアマがエラーで時間切れしてしまいユコタ準会員は完全に窮地を脱する。
四人将棋 エラー 時間切れ
残るはユコタ準会員とあんちっくアマ。どちらも戦力は十分、死闘の末にユコタ準会員があんちっくアマを追い詰める。あんちっくアマも負けじと必死に粘る。
四人将棋 必至 詰み逃し
遂にユコタ準会員があんちっくアマに必至をかけた。だが実はこの瞬間ユコタ準会員の玉には長手数の並べ詰めが発生していた。しかし30秒では読みきれなかったか、あんちっくアマはあろうことか受けに回ってしまった。詰むや詰まざるやの局面で手を緩めてはいけない。詰みを読みきったユコタ準会員があんちっくアマを撃破する。

最終局


四人将棋 番い
あんちっくアマvsアカギ準会員、ユコタ準会員vsKentoアマの番い勝負。面白いことに下家のあんちっくアマ・ユコタ準会員が上家のアカギ準会員・Kentoアマに攻勢をとっている。しかし上家を攻めるのは無理があったか、徐々にアカギ準会員・Kentoアマが押し返していく。
四人将棋 九死に一生
遂にユコタ準会員が即詰みに討ち取られる・・・と思いきやKentoアマはユコタ準会員の詰みを見送りあんちっくアマに手を出す。そして間もなくしてKentoアマがエラーで落ちてしまう。ユコタ準会員は九死に一生を得た。
四人将棋 乱入
いよいよ残るは3人。この中で1位を獲った者が優勝するだろう。緊張が走る中、Kentoアマが抜けた空席に部外者が迷い込むハプニング発生。すぐにKentoアマが復帰し事なきを得る。対局再開、ユコタ準会員とアカギ準会員に囲われてあんちっくアマが苦しいか。
四人将棋 手入れ
誰もがそう思っていた矢先にふとユコタ準会員が自陣に手を入れる。すかさずあんちっくアマは瀕死の飛車に息を吹き込み、天国への階段を上り始める。アカギ準会員は一貫してあんちっくアマを地の底から追いかけるが、ユコタ準会員はアカギ準会員にちょっかいを出したり自陣を手入れしたりと指し手がしどろもどろになる。
四人将棋 ホーリースパーク
そして右往左往しているユコタ準会員の玉が露出した瞬間を狙って一気呵成あんちっくアマがユコタ準会員を詰ます。天国への扉は開かれた。こうなってはあんちっくアマを捕まえるのは不可能だ。
四人将棋 詰めろ 竜神 優勝
アカギ準会員、アヤを求めて足掻くがあんちっくアマの龍引きが決め手になった。単純な詰めろだが持ち駒のないアカギ準会員には適切な対処法がない。あんちっくアマが悲願のトップに輝き竜神の称号を貰い受ける。

執筆者


藤川智之プロ初段
私の未熟な運営により様々なトラブルが起こりましたが、どの対局も非常に見応えがありました。あんちっくアマと最強位戦で戦うのが楽しみです!










posted by 一般社団法人日本四人将棋連盟 at 23:18Comment(0)竜神杯