国士戦のルール

国士戦とは?


HvW_GkB6m9DNsb51480589793_1480590130.jpg
後述のポイント変動ルールにしたがって四局行い、最終的な持ち点の多さで競うルールです。一局戦と比べて対局数が多いぶん、運の要素が少なめで実力差が表れやすいルールとなっています。


親番の決め方


UhX4nvnEVAwpCJm1480507528_1480507954.png
初戦で初手を引いた人を親番とします。以降は初戦の配置を基準に時計回りに親番が交代します。

席替え


4B35BI8HTBK32bO1480508092_1480508488.png
前局の1位の左家に2位、右家に3位、対面に4位が着きます。連荘戦(後述)では席替えは行われません。

ポイント変動ルール


kaki_m_cvbbbap.png
はじめに各自11ptを所持。

kaki_m_cavp.png
詰まされた人は詰ました人に2pt渡す。

kaki_fm_cap.png
ただし親に詰まされるor親が詰まされた場合は3pt移動。

連荘戦


親が勝利したときは連荘戦を行う。(親が勝利=親がその局でトップを取ること)
t2QPcuXkG56iGf11480508644_1480509038.png
親が勝利したときにのみ出現するボーナスステージ。既定の四局とは別で、特別にもう一度親番になる権利を得る。
たとえば第二局で親が勝利した場合は、第二局一本場として連荘戦を行う。以降は親が勝利するたびに二本場、三本場・・・と連荘戦が続く。親が敗北した時点で連荘戦は終了し、次の局(第三局)へ移る。

補足


TpzKqeU5Jm0muC81480587440_1480588256.png
生存者が残り2人になるまで投了・時間切れ・途中退室は禁止する。違反した場合は上家に詰まされたとみなし、さらにペナルティとして通常より1pt多く上家に渡さなければならない。
※上家・・・自分の左に位置する者。上家が不在の場合は対面に詰まされたとみなす。

誰かが0pt以下になったらその局で国士戦を終了する。
オーラス(最終局)で親が勝利した時点で総合点トップだった場合、連荘戦は行われない。



Q.なぜ初期ptが11なのか?


A.本将棋の駒で四人将棋を行う場合、2セット必要になりますよね。そして四人将棋では36枚の駒を使用するので80ー36=44。つまり44枚の駒が不要になります。そこで余った駒をptチップとして使用することで無駄なく駒を活用できます。
また44枚の駒を均等に分けると一人あたり歩歩歩歩歩歩香香桂桂角という配分になりますが、そのうち角をptチップの最後の砦&現在検討中のオーブとして扱う狙い。

Q.国士戦の由来は?


A.
国・・・玉を正方形(四角形)で囲った形であり、正方形の盤面で四人が玉を攻め合う四人将棋に適した漢字。連盟の本拠地が「四国」。
士・・・初期ptの11を漢字で表すと十一。十と一を合体すると士になる。
追記:狩った者はptが増え、狩られた者はptが減る。つまりはプラスマイナス!そう!士!
国士には「国中で最もすぐれた人物」という意味があり、四人の中で最強を決める四人将棋の趣旨に合っている。
また「自分の事は省みずもっぱら国の事を心配する人物、憂国の士」という意味もあり、己の欲が出やすい四人将棋というゲームで、ルールを破ったり、喧嘩することなく、マナーを守って国士の名にふさわしいプレイングを心がけて欲しいという願いがッ!?




posted by 一般社団法人日本四人将棋連盟 at 11:11Comment(0)競技ルール

新着棋戦情報

一般社団法人日本四人将棋連盟 新着棋戦情報
レーティングA第2局の結果です。
仮面A登場して早々にトランプ…スランプか?


結果(167手まで)


レーティングA第2局はCPUがトップをとりました!
1位CPU
2位kotaアマ
3位CPU←CPU
4位仮面A←CPU

レート変動


kotaアマ 100→110 (10UP!
仮面A 110→80 (30DOWN…)

寸評


仮面A、序盤でとんでもないミスを犯し一気に敗勢に。CPUに瞬殺される。続いて仮面Aの対面に位置するCPUも破れ、kotaアマとCPUの1vs1に。双方とも寄せを見逃しなかなか決着がつかない。CPUが金銀をベタベタと貼り付け奇妙な局面が出来上がる。いつ終わるのか見当がつかない戦いだったが、遂にCPUがkotaアマを仕留め167手で終局した。
尚、今回は実験的にCPUレベル3を起動してみた。連盟内ではCPUレベル1が最強とされているが、今回の対局内容を見るとCPUレベル3の方が強そうだ・・・

本局のハイライト


一般社団法人日本四人将棋連盟 レーティングA(エース)


posted by 一般社団法人日本四人将棋連盟 at 20:53Comment(0)新着棋戦情報

新着棋戦情報

一般社団法人日本四人将棋連盟 新着棋戦情報
第1回レーティングA第1局の対局結果です
仮面Aまさかの初戦でピンチか?


結果


レーティングA第1局はbuhiアマがトップをとりました!(301手まで)
1位buhiアマ
2位仮面A
3位CPU←buhiアマ
4位CPU←仮面A

レーティング変動


buhiアマ 100→130 (30UP!
仮面A 100→110 (10UP!

寸評


仮面Aまさかの初戦で敗北。互角以上の中盤だったが、うっかり下家のCPUを詰ましてしまう。マジックや過激手が許される1vs1のアマ交流戦では、あえて下家のCPUを詰まさずマジックの踏み台にして対面の相手の駒を奪い取る戦法が有力。
嫌な予感は的中するもので相手のbuhiアマは相当な腕の持ち主だった。巧みに龍を振り回し、次々と仮面Aの駒をマジックで喰らい尽くしていく。仮面Aは入玉に望みをかけるが、戦力差を埋めきれずあえなく惨敗した。




posted by 一般社団法人日本四人将棋連盟 at 23:43Comment(0)新着棋戦情報